乃木ちはる オフィシャルブログ

AVプロダクションLINX(リンクス)所属のAV女優・乃木ちはる(のぎちはる Nogi Chiharu)の公式ブログです。

どうも、おつノギちゃんです╰(*´︶`*)╯♡

image




強かった。
人は見かけによらない。

image

アサギシティのジムリーダー、はがね使いのミカンちゃん。
こんなにちっちゃくて抱き締めたくなるような可愛さなのに、、
AVなら屈強な男優さんに囲まれてオロオロする顔がそそるタイプなのに、、
強すぎた。

いや、ノギが弱かった。
だからとっておきのポケモンを必死こいてレベル上げしましたよ。そしてやっと進化したポケモンがこちら!

image


でんきタイプのデンリュウちゃん!



、、、痛恨のミスです。はがねタイプにはでんきタイプのワザが効果なしなんですよ。何やってるんだわたしは。何でそんな初歩的なミスをする。ノギにはそういうところがある。


この内容、ポケモンをあまりご存知ない方には「???」ですよね、すみません

そんな感じで最新作発売までにポケモン銀全クリ(全身クリ○トスじゃないですよ!)するのは雲行きが怪しくなってきました


いや、ここから巻き返しますよ。根性だけなら負けません。
ノギの快進撃を乞うご期待!



http://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=sero00382/?i3_ref=search&i3_ord=5">
image

おはノギちゃんです╰(*´︶`*)╯♡
昨日この映画を観ました。

image


トムクルーズ主演の
「バリー・シール アメリカをはめた男」


優秀なパイロットであるバリーはある日、男にとある話を持ちかけられます。その日を境にバリーの人生はあれよあれよというままに変わっていって、、
実話を元にしたCIAと麻薬密売人を股にかけた男の話です。


も〜とにかく男くさいトムクルーズがかっこいい!アドレナリンドパドパ出てまっせみたいな表情の作り方がうまい!
文字通り手に汗握るシーンの合間に入るポップな演出もアメリカ映画らしくて、始まりから終わりまであっという間でした。
Blu-ray買っちゃうんだろうなぁ

そんなトムを観たあとだと、またこの映画を観たくなるんですよね。

image


キャメロン・クロウ監督がメガホンを取り2001年に公開された「バニラスカイ」

この作品のトムったらほんっとに情けない。とことん情けない。だけど嫌いになれないのは、この主人公の気持ちが分かってしまうから。

何度も何度もどんでん返しがあって、初見だと訳がわからなくなります。笑
けど結末が最後まで見えないからこそ引き込まれる、そんな作品です。


そして何といってもこの作品はキャメロン・ディアスがとっても怖い、、
もはやホラーです。



男くさくて豪快な演技、繊細で心を抉るような演技、どちらもこなしてモノにしてしまうトムクルーズはこれからも世界を魅了する役者さんで居続けるのでしょうね




http://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=172xrw00371/?i3_ref=search&i3_ord=4">
IMG_8652

こんばんは、ノギです!
昨日はいいおっぱいの日だったようですね、、
乗り遅れたのでノギはいいタイツを投下します。笑

image

ひみつ道具がひとつだけ手に入るとしたら何が欲しいですか?
ノギは、、どこでもドアかなぁ。
世界の絶景を見て回りたい。帰りたくなったらすぐ帰れるし
そんな空想を誰しもがしたことがあるのではないでしょうか?
ドラえもんはこんな風にわたしたちにワクワクをくれる存在ですよね。


今年3月に公開された「映画ドラえもんのび太の南紀カチコチ大冒険」も童心に帰ってワクワクできる映画でした

image


公開前にはインパクトのあるキャッチコピーが話題になりましたね。
「10万年後に助けにきてくれ」
もうこの言葉だけでワクワクする。笑


大の大人がひとりでアニメ映画なんて。そんなこと気にならないぐらい、ドラ映画はひとりでいらしている大人の方も多く見られます。


「暑いね〜。かき氷が食べたい」そんな一言から大冒険が始まります。
かき氷食べ放題をするためにドラえもんとのび太のふたりはどこでもドアで南極へ行きます。

ドラ映画の良さのひとつは何と行ってもひみつ道具の数々!
氷で出来たソファーやテーブル、ジェットコースターやメリーゴーランド、、南極の氷の上にテーマパークを作ります。

いつもの仲間たちを呼んで、夏の暑さから遠ざかった場所で楽しみますがのび太が氷の中にとあるものを見つけます。



今回のドラ映画には初期の劇場版を思わせるような冒険譚を思い出しました。
そして感じずにはいられないのび太の優しさ、ドラえもんとの絆。

「10万年後に助けにきてくれ」

これが何を意味するのか。子ども向けのアニメではなく、SF的な面白さを感じました。

それに加えて、不二子先生ファンにはたまらないあのシーンやあのシーン、、
あぁみんなに見せたい!!笑


わたしが生まれる前から放送していて、たくさんの子どもに夢を与えてきたドラえもんは大人になったノギにもまた夢や勇気をくれるのでした

ちなみにノギが一番好きなドラ映画は、旧ドラの「鉄人兵団」です

http://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=sero00382/?i3_ref=search&i3_ord=5">
image

↑このページのトップヘ