乃木ちはる オフィシャルブログ

AVプロダクションLINX(リンクス)所属のAV女優・乃木ちはる(のぎちはる Nogi Chiharu)の公式ブログです。

こんにちは、ノギちゃんです╰(*´︶`*)╯♡
先日、親戚の親子が「楽天の試合を観たい!」というので二泊三日で宮城に行ってきました


IMG_0173

桜はちょうど咲き始め


IMG_0174


親戚親子は初めてのプロ野球観戦で
そりゃもう大興奮!
試合には負けちゃったけど、楽しんでもらえてよかったです


次の日は松島へ〜!

IMG_0094
IMG_0135
IMG_0116


笹かまを焼いて食べたり
トリックアートではしゃいだり、、


ノギはいつもひとり旅派なんですけど、ワイワイできる旅行も楽しいですね


IMG_0130
IMG_0131
IMG_0132


夜は温泉宿で美味しい料理に
舌鼓を打って、、


IMG_0137




そんな感じであっという間の二泊三日!

家族や親戚との旅行って、
小さい頃は年に何度かしてたけど
大人になってからだと新鮮だった


また行けたらいいな





そして実はわたし、
一昨日もコボスタ行ってるんですよw

あ、コボスタじゃなくて
楽天生命パークか!(まだ慣れないw)


IMG_0172


寒いし風が強いしで
顔が引きつってる、、www


仙台は東京から新幹線で90分ほど、
仙台駅から球場までシャトルバスが出ていて都内からでもかなり行きやすいです!

皆さんも是非おいでませ





image


こんばんは、ノギちゃんです╰(*´︶`*)╯♡
久しぶりのブログになってしまった、、

IMG_0020


明日からプロ野球シーズン開幕
もう、ようやくか!って感じですね(´Д` )


同じく野球好きのマネージャーさんと
「シーズンオフってすることないよね。」
なんて話したりしてましたがw

あっでもマネージャーさんはオフ中も新聞などで自主トレやキャンプの情報をチェックしているって言ってました



去年のイーグルスは前半戦首位で折り返したものの、怪我人が多く出てしまい、、
優勝は叶わず悔しさの残るシーズンでした。



IMG_0029


今年のイーグルスのスローガンは

日本一の東北へ


5年ぶりの優勝を目指して、応援するのみです!!!!!!!



さぁ今年も球場に行くのに忙しくなるぞ〜w





image

今月頭に日本でも公開され、アカデミー賞で作品賞など4部門を受賞した話題の映画「シェイプ・オブ・ウォーター」


わたしも観て参りました!



IMG_9938




観に行ったのはアカデミー賞授賞式が行われる前だったのですが、鑑賞後「これは選ばれますわ。」と思いましたw







以下、ネタバレあり








↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


























作品自体は好みかと聞かれたら、正直そうではないです。

好みではないけれど引き込まれる。

鑑賞後、頭から離れなくなる作品でした。



声を持たない人間の女性とクリーチャーの種の垣根を越えたラブロマンス。

そんなチープなものでは片付けられません。


これは「はみ出し者たちの物語」でした。



生来、声を発することが出来ない障害を持つイライザ。

彼女の親友でありクリーチャーを救出する手助けをする、ゲイの絵描きジャイルズ。

イライザの同僚で黒人のゼルダ。


当時のアメリカでは彼女たちは「はみ出し者」であったことでしょう。


スパイであるホフステトラー博士もまた、所謂「普通」ではない側の人間でした。





立ちはだかるのは差別主義者、権力主義者と表現するのも悲しいほどの男ストリックランドです。

美しい妻と可愛い子供を持ち、成功の証の高級車を買い、地位のある「普通」側のストリックランド。

彼は物語の序盤で文字通り彼の一部を失います。


何とか今まで通りに繋ぎ止めようとするけどどんどん誤魔化しが効かなくなる。

だけど彼の中にある価値観によってイライザたちの側へはいけないのでした。




わたしが一番印象に残った登場人物は、パイ屋のお兄さんです。

一見、「ひどいやつ!」ってだけのシーンでしたがもしかしたらわたしが一番近いのは彼なのではないでしょうか。


彼にとって訛りは直すものであり、ゲイは忌み嫌うものなのです。

(念のため、わたし自身にはそういった考えは持っていません)

それが彼の中では世界の常識であり、「普通」である当たり前のこと。


誰が決めたわけでもない、けれどそこに確かに存在する「普通」。

「普通」を強要されていることに疑問すら持たず、他人にも押し付けてそこからはみ出した者には冷たい視線を送る。


クリーチャーが猫を食べてしまうシーン。

飼い猫を食べられてしまったジャイルズはこう言います。


「彼にとっては普通のこと。」



自分と違う文化や思想を目の当たりにしたときカルチャーショックを受けるけれど、自分の「普通」を押し付けるのはお門違いなのではないでしょうか。





「はみ出し者」のイライザとクリーチャー。

全ては今までと同じとはいかなくなったけど、彼女たちが末永く幸せに暮らしたことを信じたいですね。



、、だけどジャイルズはひとりぼっちになっちゃうじゃない!!

もしかしたらゼルダがいい友人になってくれるのかもしれませんね。



「シェイプ・オブ・ウォーター」、素晴らしい映画でした。

↑このページのトップヘ